遠藤 水城 Mizuki Endou

インディペンデント・キュレーター

1975年札幌生まれ。2004年、九州大学比較社会文化研究学府博士課程満期退学。
2005年、若手キュレーターの国際賞「Lorenzo Bonaldi Art Prize」受賞。
2007年より2010年まで「アーカス・プロジェクト」ディレクターを務める。

主な仕事に「Singapore Biennale 2006」ネットワーキング・キュレーター、
「福岡アジア美術トリエンナーレ2009」協力キュレーター、
CREAM: ヨコハマ国際映像祭2009」キュレーター、
「曽根裕展:Perfect Moment」(2011年/東京オペラシティアートギャラリー)ゲスト・キュレーターなど。

共訳書にジェイムズ・クリフォード『ルーツ - 20世紀後期の旅と翻訳』(月曜社、2002年)、
インタビュー集に『アメリカまで』(とんつーレコード、2009年)、
編著書に『曽根裕:Perfect Moment』(月曜社、2011年)がある。

女子美術大学非常勤講師。